2日目は朝一で福山城へ。

100名城スタンプラリーのうち、1番やさしいお城なのではないでしょうか。

img_2845

なぜなら福山駅は昔の城内に作ったのだから。
直ぐ近くのホテルをチェックアウトして9時前には福山城天守閣の前に。

img_2854

同じように100名城巡りのおばさんが開城をまってます。

天守閣一番乗り!コンクリートのお城ですが水野家ゆかりの展示物がありました。
とにかく駅から近いです。5分あれば駅まで行けます。

らっさんが次のお城を目指して乗る電車は9時半。
撮りたかった1枚は、福山城に1番近い在来線8番線停車中の電車と福山城のコラボ。
だかしかし、電光掲示板を見ると8番線の次の電車は悲運にも9時35分。
間に合いません。

8番線で希望を捨てずに待っていると、アナウンスが鳴り、8時28分ぐらいに折返し電車として入線しました!!

img_2866

数枚写真を撮り急いで階段を降り上がり、自分の乗る電車の待つホームへ。
ギリギリ間に合い、ホッとしましたよ。

倉敷で特急やくもに乗り換え、備中高梁駅へ。

img_3057

出典:http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/

いやー思い出して真田丸ロスが再発しそうです。

備中松山城は昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」のオープニングに出てきます。
そして山城で唯一天守閣が現存するお城。
らっさんが登城したかった城の一つです。

img_2884

今回はこちらの乗り合いタクシーを前日に予約。

高梁駅の西口を出て、タクシーターミナルを越えてすぐの場所に観光案内所があります。

img_2885

受付をした後、まだ出発まで30分ほどあったので、駅の反対側の松連寺へ。

img_2879

見応えありますね。下手なお城よりお城らしいです。

余裕で観光案内所に戻りタクシーを待ちます。
11時20分発に乗る大型タクシーが着ました。

img_2886
自分も合わせて5名の乗車。残念なのが大粒の雨が降ってきた事。

途中に武家屋敷の細い道を通って、ふいご峠まで乗せてくれます。

img_2999
ここがどんな手を使っても車で来れる最終地点。

一般タクシーだと片道2500円以上、公共機関500円でお得だと思います。
車の場合は週末ですと、その下にある駐車場からシャトルバスが運行、乗り換えないといけないそうです。

img_3052

ふいご峠から天守閣までは山道で20分ぐらいかかります。

img_2984

すごい石垣です。興奮しますね。

img_2982

大河ドラマではCGが施され加工されていますが実際の迫力もすごいです。

img_2990

備中松山城は江戸時代からのお城で12しか残っていないうちの一つ。
重要文化財です。歴史を紐解くと、明治政府は廃藩置県の際、城はもういらん!と。

ただ備中松山城が残っているのは山城のため廃城するにも容易でなかったから、と言われています。

img_2971

天空の城であることで今も残っている、貴重なお城ですね。

img_2960

そうそう、このアングルですよ!
私たちが一年間、真田丸で興奮したオープニングで見た景色は。
感無量です。

img_2951

こちらで入城料とスタンプを押します。

天守閣、最上階に登る階段。やっぱりこれですよね!急で木造の階段。

眼下に見下ろせます。

ふいご峠から途中、国際ホテルの前で降ろしてもらいます。

img_3003

お昼どきなのでこちらの じゅうじぅうで、ビール注入。

img_3002
ここでも広島風お好み焼きを食べ、ビールも旨いからおかわり。
お好み焼きも1000円以下、このビールセットが700円ぐらいと、コスパ抜群でオススメです。

いやー、個人的になりますが1番感動しました。
変な話、国宝よりも。

14時27分の電車で次の鬼ノ城を目指します。

■らっさんのお城チェック

「福山城」
・お城の好き度:★★★☆☆(3点)
・東海道1.5次(東京)からのアクセス:★★★☆☆(3点)
・城下町・周辺の盛り上がり:★★☆☆☆(2点)
・スタンプの管理:★★★★★(5点)
・リピート願望 :★☆☆☆☆(1点)

「備中松山城」
・お城の好き度:★★★★★(5点)
・東海道1.5次(東京)からのアクセス:★★★☆☆(3点)
・城下町・周辺の盛り上がり:★★★★★(5点)
・スタンプの管理:★★★☆☆(3点)
・リピート願望 :★★★★★(5点)

つづく。


The following two tabs change content below.
らっさん

らっさん

歴史とマラソンが好きなサラリーマン。フルマラソン自己ベスト3時間14分。 夢に描いている自分、なりたい自分の姿に向かって、毎日を大切に挑戦していきたいと思っています。