img_0866覚林寺
住所 港区白金台1-1-47

前回の池上本門寺に続き今回の覚林寺も日蓮宗寺院です。

覚林寺は、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に加藤清正に捕えられ、可観院日延という人が創建したといいます。

場所は、国道1号と目黒通りが合流するところ。

明治学院大の下の方ですね。

じゃん!交番は… img_0864

そして信号を見ると。

img_0862

ここでお気づきになりましたでしょうか?

清正が熊本では「せいしょこ」さんと呼ばれるのに対し、東京では「せいしょうこう」ですね。

清正公前はせいしょうこうまえ。

 

さ・・・行ってみましょう。

国道沿いから入ります。

img_0866

加藤清正を祀った清正公堂

img_0870

加藤清正が戦の時の兜などに用いた家紋「蛇の目」が随所にありますね。

img_0886

さらにその左側を除くと別の家紋も。

img_0873

img_0887

この「桔梗紋」は明智光秀も使っていた時いわれ、二人の先祖が同じ可能性が高いそうです。

img_0875

毘沙門天を祀っており、山手七福神の一つとなっています。

そして百度石。

img_0876
お百度参りで往復する時に使われる石ですが、お寺の中は広くないので…

人生の苦悩に打ち勝つためのお寺といえそうですが、こんな絵馬がありました。

img_0874

本当に早い復興をお祈りします。


The following two tabs change content below.
らっさん

らっさん

歴史とマラソンが好きなサラリーマン。フルマラソン自己ベスト3時間14分。 夢に描いている自分、なりたい自分の姿に向かって、毎日を大切に挑戦していきたいと思っています。