春らしくない暑さの週末、続100名城の中から東京から行きやすい千葉の城めぐりへ。

最寄りのJRの駅で「週末おでかけ切符」を購入。2600円ぐらいです。元を取れるかどうかはプラン次第。無計画に近いですけどw

DB37EA34-2B4E-4E3F-BB9E-377CD24FFF50

千葉の房総半島、大多喜城へ。この城は本多忠勝の築城。大河の真田丸では藤岡弘、さんが演じてましたね。徳川四天王の一人で真田信之の妻になった小松姫の父、体育会のワイルドなイメージです。

大多喜城へはJR大原駅でいずみ鉄道に乗り換えます。自動改札機に切符を通すとエラーに。おでかけ切符は大原まではカバーしておらず、駅員さんに410円の乗り越し料金を渡して通過。

いづみ鉄道は大原駅のすぐ隣。 46DFDC77-03EC-4009-95A0-61FA637A86CD

CD09249A-7E85-4C67-ADEA-3998474FE3DA

ムーミン列車?

切符の券売機で、皆さん迷ってました。スマホで調べると大原〜大多喜は530円となっていて1日フリーパスが1000円で往復するなら少しおトク。ただ、自分が乗ろうとした列車は急行だったため別途急行券300円(片道)が必要です。

売店で駅弁を物色していると…

5F9C1422-24AE-42E6-93D7-9E18188677F5

売店のおばちゃんから、中身はトンカツと聞き、昨晩も食べたな、と一瞬よぎりましたが買うしかない!(笑)

2両だけ。

0086A494-5843-413F-A4E7-8B83B6FB5C10

昭和のレトロな電車です。

E767D4BE-9ECD-464C-AAD0-04A67EE37D98 4AFDBDA8-B99B-430D-BD83-90169B8813F2

30分で大多喜に着くとのことなので、すぐに忠勝弁当を。ちゃっかりビールも買ってあります。

EC674C92-D79C-4950-88B9-67066F5840C1

7665F1BD-A9F1-44D2-9AAC-E2AD4E50FADB

ソースが2つ付いてる弁当って。そのぐらい大きいトンカツが一枚。でも美味しかったのは煮ダコ、うまかったなぁ。

ムーミンの置物がある時は車内アナウンスと共に速度落としてました。

2D4BB75E-3D40-4074-87A1-9004CD97F5D8

さて、大多喜駅に着くと早速ホームに忠勝が!

CFEDD005-B2F4-436E-A8BC-DC5D88847656

改札口出て右側に大手門があったのでなんとなくそちらへ。

FFA5B4AD-4DA8-4B5E-9200-3DE1FC59453C

この道でいいのか少し不安になってましたが、こちらの旗が。

4B6FF68C-276C-4A5B-8903-44CC6D502B9A

しばらく歩くと駐車場が。たくさん車が止まっています。

DC8E3904-FFB9-4DD6-8DCB-A63A17DBC631

洞穴の先に光が?水道のようです。

017866F2-1E6F-46F9-9FE0-D21781FCFC8C

E1FB4F16-60BB-4057-AE82-A28238FFBBD0

こういった自然を活かした防御策はいいですよね。

25E306E9-6F28-4624-B3A4-9251E2A3F0DE

受付で200円を払い、コンクリートの模擬天守へ。

51A88A9A-4326-40AF-BFED-756C70AECDAB

100名城スタンプをゲット。
4階はこんな感じです。

337AFEC1-1E32-45E8-A0E0-12BFC2704D23

3BB68FD3-3401-4CA9-A58C-63E2E6AAFDE4

大多喜高校には移築された門と、井戸が。歴史に触れあえて素晴らしい。
何より、学生さんの挨拶がとても良かったです。

大多喜って、大きな喜びが多くと書きますね。秀吉の命令に従って家康が江戸へ移る際に家臣は全員反対したと言います。未開の地に、大きな喜びが来るよう築いた忠勝の城下町。

そんな事を、自分の高校時代に通学で乗ってた電車の線路を見ながら思い出しながら考えてました。

83D57A41-FBE3-4E2B-8AEC-73C68131740D

 


The following two tabs change content below.
らっさん

らっさん

歴史とマラソンが好きなサラリーマン。フルマラソン自己ベスト3時間14分。 夢に描いている自分、なりたい自分の姿に向かって、毎日を大切に挑戦していきたいと思っています。