ある夏の日、
僕は人間関係の悩みを抱えながら、
友人たちと神宮球場へ野球観戦に行った。
image

ヤクルト対ソフトバンクの交流戦。

イニングの間に爽やかな女性の曲が球場に流れてきた。

とっさに音楽を自動で読み取ってくれるアプリshazmを起動する。

曲の名はヒカリ

帰宅してすぐに
曲をダウンロードで購入した。

きらめいて 笑顔見せて
輝いて ココロまで
Shining Your Love

まぶしい未来ヘ
ヒカリの種子(たね)をまこう
明日の夢を咲かそう

あの時の僕は組織の
マネジメントに悩んでいた。

歌を聴いたからといって
具体的な解決策が
でたわけではない。

ただ、僕の生きる希望と
明日への架け橋は
この歌だったように思う。

はい、救われました。

この歌の持主は
いであやかさん。
image

宮崎出身の
若手シンガーソングライター。

大人びた外観と
抜群の歌唱力を持つ。

偶然にも、運命をかんじる
出会いだった。

以来、今日は
僕にとって3度目の
いであやかさんのライブ。

しかも今日がこけら落としの
新しい、横浜LOOPにて
ワンマンライブ。

image

アンコールで
ヒカリを唄ってくれた。

ありがとう。

 

心にずっとずっと
刻み込まれる
好きな歌というのは
タイミングもあると思う。

苦しんで
何かを求めて
助けてくれた歌。

そんな大事な曲が
誰にでもあると思う。

同じ時代に
ライブで聴けるのは
有り難いことだが…

それともう一つ。
ヤクルトの12番石山投手の
入場曲もいでさんの曲
風をつかまえて
だということを直接、僕に
教えてくれたのも彼女でした。

この生歌も今日聴けた。

人生ってすばらしい。


The following two tabs change content below.
らっさん

らっさん

歴史とマラソンが好きなサラリーマン。フルマラソン自己ベスト3時間14分。 夢に描いている自分、なりたい自分の姿に向かって、毎日を大切に挑戦していきたいと思っています。