半年以上ぶりの投稿と同時に、登城です。

今回行ったのは三重の伊賀上野城。名古屋から目指します。

名古屋駅に隣接の名鉄バスセンターからのバスがおススメです。

1850円で伊賀上野城の最寄り駅である「上野市」駅へ。

IMG_5222

高速バスに乗り2時間ぐらいで、上野市駅へ到着。

まずはバスセンターのある商業ビルの1Fに観光協会で情報収集。おばあちゃんが手書きで

優しく解説してくれます。

IMG_5227

12時頃に着いたので、まずは腹ごしらえ。

観光案内所の2Fにある、こちらの「ステーキハウスグラッチェ」へ。

IMG_5231

これから行く伊賀上野城で行くのでやはり「高虎ランチ」1980円ぐらい。

ミニハンバーグとサイコロステーキのコンボです。

IMG_5229

鉄板のほかにもスープ、ライス(orパン)、そして飲物とデザート(ティラミスでした)もついてました。

IMG_5230

さて、歩いてお城を目指します。

駐車場の横を登り、道も枝分かれ。

近道を選択して少し登ると、天守閣が見えました。

IMG_5232

左側には石垣が。期待度アップします。

IMG_5235

IMG_5238

天守閣の石垣です。IMG_5243

天守入場口にて500円払い、入場。

100名城スタンプは天守内にもあるということで従って進み、

確かに履物を脱いですぐのところにスタンブ台がありました。

 

オール木造の天守。

昭和になり、天守復興を働きかけた地元の政治家川崎氏によって木造の復興天守ができました。

西洋建築が広まり、コンクリート作りの意見が出た際に、日本建築の良さ・意思を持って主張したそうです。

素晴らしいですね。結果、日本の木造の復興天守としては最古の城だそうです。

IMG_5252

 

天守閣からの眺め。

IMG_5251

天守最上階の天井には多数の書や絵があります。珍しいですね。

IMG_5249

3千点の展示物が。天守閣内の展示数としてはかなり多いですね。

IMG_5253

秀吉からもらったという高虎の兜。

残念ながら愛知の美術館に貸出中というということでレプリカでした。

IMG_5247

一通り見終えて、高石垣へ。日本一深い石垣は大阪城のようです。

IMG_5254

「キケン」という看板があるとおり、写真目当てに乗り出し過ぎると危ないですね。

IMG_5255

お城を下り、上野高校の脇には門が復興さています。

IMG_5262

観光案内所のおばちゃんの説明も、普通の人もこれで駅に戻るのでしょうが・・・

IMG_5263

やっぱり高虎の高石垣を公園の外から見たい!

歩きで回り込んでいきます。観光客はゼロです。

IMG_5273

加藤清正の「武者返し」に代表される曲線の石垣に対して、高虎の石垣はこの直接的な特徴が有名です。

IMG_5278

草木が生い茂り、写真撮影も大変です。

上野高校の陸上部の人が雨の中カッパを着て練習中、挨拶してくれました。

甲子園にも出る彦根東高校のように城内にある県立高校は歴史もあり、学力も高いのでは??

水戸城の中にも学校がありましたが確か進学校だったかと。文武両道ですね。

そんな想いを抱きながら駅に戻ります。バス乗り場からもお城が見えます。

IMG_5288

まだ名古屋行きのバス時刻まで30分ほどあったので、またも2Fのカフェへ。

地ビール忍者ビール(600円)をいただきます。

IMG_5290

とても苦味があって只者ではない忍者の味がする気が・・・

家康もこの伊賀上野城の改修には寛容だったという。

伊賀越えで命からがら逃げた記憶がそうさせたのでしょうか。

決して大きな街ではないのですが、伊賀忍者のイメージにあるとおり

いろいろと隠した魅力がまだまだありそうな雰囲気でした。楽しかったです。



The following two tabs change content below.
らっさん

らっさん

歴史とマラソンが好きなサラリーマン。フルマラソン自己ベスト3時間14分。 夢に描いている自分、なりたい自分の姿に向かって、毎日を大切に挑戦していきたいと思っています。